美容施術でしわの改善

注射を打つ人

メカニズムと施術前に知っておく事

ボトックス治療は副作用のない安全な美容整形術と言われていますが、安全性が確立されているのは薬剤です。治療で用いる薬剤であるボツリヌストキシンが、副作用のない事がわかっています。治療方法は注射だけなので簡単な治療と思われていますが、この注射はそう簡単なものではありません。ボトックス治療は気になる部位に注射するだけの施術内容なので、患者の負担は少なくダウンタイムなどの心配も少ないです。副作用がないので特に生活スタイルを変える事なく過ごす事もでき、日常生活上の制限もほぼありません。この注射は筋肉に行いますが、筋肉は他の部位と連動していたり場所によっては幾重にも折り重なっています。ボツリヌストキシンは筋肉を弛緩させる作用があるので、正確に注射しないと動かし難かったり他の部位にも影響を及ぼします。また注入量も体格や状態、希望によって個人毎に異なります。正確に注入量を判断できる診断力と、正確に注射する技術が求められる施術なので、安易に考えずに医師選びは慎重に行う事が必要です。

ボトックス治療は注射を行う施術内容であり、様々な悩みに対してこの施術内容は変わりません。薬剤であるボツリヌストキシンは、注入された部位への脳からの神経伝達物質を遮断します。それにより筋肉の使用が抑えられて、筋緊張が緩和され筋肉が原因の様々な美容上の悩みを解消していきます。筋肉が原因で起こる美容上の悩みには、しわの発生があります。しわは加齢に伴い発生するものですが、それ以外に表情を作った際の細かな筋肉の動きにより、皮膚にその表情跡が細かく残り発生する場合もあります。表情筋の過度な筋緊張が、皮膚へのダメージに繋がっているので、表情筋にボトックス注射治療を行う事で、現在のしわ改善だけでなく将来の発生も予防する事ができます。表情筋はその名の通り表情を作る重要な筋肉ですが、日常生活に副作用や支障が生じない様に量を調節され注入されています。治療後に表情が作れなくなった等の副作用が発生しない様に、医師が慎重に判断して施術しているので安心です。アンチエイジングに効果的な美容施術を、手術をする事なく手軽に受けられるのがボトックス治療です。